今はまだ理学療法を語らず

理学療法士として考えたことや感じたことを発信するブログです。

臨床実習

「臨床実習において学生が実施可能な基本技術の水準」について

投稿日:

日本理学療法士協会が「臨床実習において学生が実施可能な基本技術の水準について」という資料を公開しました(2019年10月21日付)。

臨床実習において,学生にどこまでさせるかということで悩むことは多いので,協会が指針を示してくれると助かります(指針と捉えていいのかどうかは不明)。

しかし,結局は曖昧なのかなと感じました。

水準 I から III までがあります。

  • 水準I 指導者の直接監視下で学生により実施されるべき項目
  • 水準II 指導者の補助として実施されるべき項目および状態
  • 水準III 見学にとどめておくべき項目および状態

水準IIの説明で「急性期やリスクを伴う状態の水準Ⅰの項目」という説明がよくでてきます。
「学生が行ってもよいとしてるけど,急性期やリスクを伴う状態であれば,指導者の補助として行ってね」ということです。

さて,リスクを伴う状態とはどんな状態でしょう。
具体的に何がリスクなのかが提示されていません。

水準 I の教育目標のところに「臨床実習で修得し対象者に実践できる ただし、対象者の状態としては、全身状態が安定し、学生が行う上でリスクが低い状態であること」とあります。
曖昧な文ですが,学生が行う上でリスクが低い状態とは,全身状態が安定していることであると読むことができます。

それでも,全身状態がどれくらい安定していればいいのかは分かりません。
リスクが高い状態は全身状態が安定していないことだけではありません。

各基本技術においてどんなリスクがあるのかは分かっていても,そのリスクによって学生が実施不可能となるのかどうかが分かりません。
そこを知りたいのですが,書かれてはいません。

急性期というのも曖昧な表現です。

例えば,整形外科の手術後は急性期ですが,術直後,術後72時間,術後2週間など,どこまでが急性期でしょうか?
また,水準 I(学生が実施可能)の中に関節可動域検査がありますが,整形外科術後の急性期と脳卒中の急性期とを同じように扱うことはできないような気がします。
結局はリスクが高いかどうかを個別に判断することになり,先ほどと同じ問題にぶつかります。

理学療法の臨床実習制度は過渡期の混乱の中にあるのかな?と改めて感じました。

2019年10月24日

-臨床実習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

臨床実習中における学生への指導について

理学療法士協会のホームページの会員向け情報に「[その他]臨床実習中における学生への指導について」が掲載されました。その一部を取り上げて,それに対する私の考えを書いてみたいと思います。 取り上げるのは以 …

no image

臨床実習とパワーハラスメント-その指導は効果的?

前回の記事に続いて,臨床実習におけるパワーハラスメント(パワハラ)について,僕の考えを書いてみます。パワハラが生じる原因は以下の2つだと考えています。 1.スーパーバイザーが心理的な問題を抱えている2 …

no image

中殿筋さん,おはようございます!

変なタイトルですが,リスク管理について,まあまあ真面目な話です。 リスクがあると分かっていても,何か別のことに集中してしまい,リスクがあることを忘れてしまうことがあります。よくあるのが,実習生が検査を …

no image

臨床実習でのスーパーバイザーによるパワーハラスメントについて

理学療法士の臨床実習では,学生とスーパーバイザー(実習指導者)の人間関係に問題が生じることがあります。パワーハラスメント(以下,パワハラ)などです。 明らかなパワハラがあれば,すぐに実習施設を変えれば …