今はまだ理学療法を語らず

理学療法士として考えたことや感じたことを発信するブログです。

no image

ネガティヴな表現はできるだけ避けたい

2021/01/07   -教育

ネガティブな表現はできるだけ使わないようにしたいと思うことがありました。 FIMの勉強をしていました。ご存知だとは思いますが,FIM は ADL の評価尺度です。整容動作の採点方法に関して,テキストの …

no image

理学療法での視覚の評価〜私の失敗

2021/01/05   -理学療法ノート

視覚に関する機能障害は,理学療法士の治療対象とならないものも多く,あまり注目されない傾向があります。学生が書く症例報告書の評価項目に,視覚が含まれないことも多々あります。全盲やそれに近い状態であれば注 …

no image

定義は大切〜歩幅の左右

2020/12/01   -未分類

歩幅の左右の定義 歩行分析の勉強をしていて,右の歩幅という表現があり,ある疑問が湧いてきました。歩幅の左右の定義は統一されているのだろうか? 手持ちの文献1-4)で確認したら,全てで同じでした。右の歩 …

no image

中殿筋さん,おはようございます!

2020/10/06   -臨床実習

変なタイトルですが,リスク管理について,まあまあ真面目な話です。 リスクがあると分かっていても,何か別のことに集中してしまい,リスクがあることを忘れてしまうことがあります。よくあるのが,実習生が検査を …

no image

学生のうちにできる動作観察と人間関係がうまくなる練習方法

2020/10/02   -教育

はじめに 理学療法士にとって,動作観察がうまくなることと,適切な人間関係を構築することは,とても重要なことです。 そして,これらは,学生が臨床実習にでるときに不安に感じることでもあります。「動作観察が …

no image

がんと理学療法 JPTA NEWSの連載を読んで

2020/09/18   -理学療法ノート

JPTA NEWS(日本理学療法士協会会報誌)No.303からNo.308にかけて連載された「がんと理学療法」1-6)を読みました。連載を読んで学んだことや気づいたことを書きます。 がんが特別というわ …

no image

第55回理学療法士国家試験午前問題21は適切な問題なのか?

2020/08/10   -理学療法ノート

第55回理学療法士国家試験の午前問題21について,理学療法士の国家試験として適切なのかどうかを考えてみました。 まずは,問題を引用します。 臨床研究を実施する上で適切でないのはどれか。1.研究対象はポ …

no image

「世界亀の日」に,何もしないことを受け入れる

2020/05/23   -未分類

今日,5月23日は「世界亀の日」だ。 うちの亀たちにもお祝いでもしてみようかと思うが,多分,亀はそんなことは求めていない。いつも通りでいい。何も起こらない,いつも通りの一日。 亀の日常は本当に静か。ご …

no image

感染症対策 それはキレイにしなくていいの?

2020/05/07   -理学療法ノート

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が広がり,感染症対策が注目されています。 咳エチケットとか,3密などといった,感染症対策に関する知識が定着しつつありますが,他にも気をつけるところはたくさん …

デルマトーム 最低限覚えておきたいところ

2020/03/04   -理学療法ノート

デルマトーム dermatomes(皮膚分節)とは,単一の脊髄神経根あるいは脊髄分節によって支配されている皮膚領域のことです。 リハビリテーションでは必須の知識ですが,全て覚えるのは大変です。そこで, …