今はまだ理学療法を語らず

理学療法士として考えたことや感じたことを発信するブログです。

教育

チコちゃんはパワハラ?

投稿日:2019年5月4日 更新日:

NHK総合テレビの「チコちゃんに叱られる」という番組をご存知でしょうか?
「ボーっと生きてんじゃねえよ!」という決めゼリフが2018年ユーキャン新語・流行語大賞のトップテンに入っていました。
5才のチコちゃんが問いかける素朴な疑問にゲストが答えられないと、チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られるという番組です。
何度か観たことがあり,とても楽しい番組です。
でも,ちょっと距離をおいて考えてみると,教育と関連していろいろと心に引っかかるものがあります。
そのことについて書いてみたいと思います。

一番気になるのは「ボーっと生きてんじゃねえよ!」です。
これって,パワーハラスメント(パワハラ)じゃないでしょうか?
クイズに答えられないと,生き方を否定されるのですから。
それに,なぜ答えられなのかはまったく考慮されずにいきなり怒られるのです。
学校の授業で答えを間違った生徒に対して,あるいは会社で失敗をした部下に対して,先生や上司がいきなり「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と怒鳴ったら,明らかにパワハラです。

バラエティ番組としてうまく作られているのでしょう。
観ている時に不快感はありません。
ジョークですよね。
でも,テレビでは流さないほうがいいような気がします。
私は,「ボーっと生きてんじゃねえよ!」という言葉が流行ることが,パワハラを行うことのハードルを下げることにつながるのではと心配しています。
答えらなければ叱られるという場面を繰り返しみていると,「能力の低い人間は叱ったらいい,能力の低い人間はひどい扱いを受けても仕方がない」という考え方が強化される可能性があります。
他人を攻撃したいという欲求を持っている人間に,パワハラをしてもいいという理由を与えてしまいます。

だからといって,この番組は中止すべきだとまでは思っていません。
楽しい番組ですし。
でも,「ボーっと生きてんじゃねえよ!」という言葉は普通は使わない汚い言葉であるということを多くの人と共有できたらいいなと思っています。

さて,最初にいろいろ引っかかると書きました。
他にも引っかかるところがいくつかあります。
ざっと簡単に書いておきます。

「ボーっと生きてんじゃねえよ!」を臨床実習で学生に言っている人がいるかもしれません。
こういうジョークは通じない人がいますし,通じない精神状態の人がいます。
私は,50%の確率で通じないと思います。

人は叱られるから勉強するのではありません。
楽しいから勉強するんです。

チコちゃんは「よく知っていて偉いね」と褒められていますが,知識がある人は偉いという考え方は古いのかもしれません。

5才の子供に叱られるというところが番組の面白いところですが,これは「大人は子供より賢くなければならない,教師は生徒より賢くなければならない」という考え方があるからでしょうか。
先生は生徒より賢いのではなく,教え方の専門家であるだけです。
私は,指導者の方が能力が高くなければならないという考え方を捨てたら,授業をするときに緊張しにくくなりました。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

理学療法士に向いてないってどういうこと?

前回の記事で,理学療法士に向いている人は,「まったくだめ」という分野がない人であると書きました。今回は,「まったくだめ」とはどういうことなのかを書いてみたいと思います。長所で補うことができないほどの短 …

no image

ネガティヴな表現はできるだけ避けたい

ネガティブな表現はできるだけ使わないようにしたいと思うことがありました。 FIMの勉強をしていました。ご存知だとは思いますが,FIM は ADL の評価尺度です。整容動作の採点方法に関して,テキストの …

no image

理学療法士になるための勉強時間-アルバイトの時間はあるか?

今回の投稿は,理学療法士の養成校に入ることを検討している方や養成校に入ったばかりの方が対象です。 理学療法士の養成校の学費は決して安くはありません。アルバイトなどで学費を稼ごうと考えている方もいると思 …

no image

理学療法士に向いているのはどんな人

理学療法士という仕事の適性について考えてみたいと思います。 まずは,理学療法士に求められる能力をあげてみましょう。 理学療法士は人間相手の仕事です。どんな相手とも信頼関係を築くことができなければなりま …

no image

学生のうちにできる動作観察と人間関係がうまくなる練習方法

はじめに 理学療法士にとって,動作観察がうまくなることと,適切な人間関係を構築することは,とても重要なことです。 そして,これらは,学生が臨床実習にでるときに不安に感じることでもあります。「動作観察が …